読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真を趣味にするなら一眼レフ 〜一眼の良さ〜

 デジカメには、色々な種類がある。身近なところでは、スマフォやデジカメ、最近の流行ではミラーレスカメラ、少し敷居の高そうな一眼レフカメラがある。

f:id:AquamarineVenice:20150923004526j:plain

 

f:id:AquamarineVenice:20150923004125j:plain

f:id:AquamarineVenice:20150922221256j:plain

 

プロの写真家の作品

www.nikon-image.com

 

cweb.canon.jp

こんな写真が撮りたいと思った人は、一眼レフを始めよう!!

f:id:AquamarineVenice:20150923084126j:plain

 どうして一眼レフなのか??それは、一眼レフでしか表現できない写真がある。

 一眼レフが、”高機能な本体”と”表現力豊かなレンズ”から構成されています。そのため、ぼけ感がある写真の撮影や素早い被写体の正確な撮影が可能です。一眼レフはボディにレンズを取り付け写真を撮る。

f:id:AquamarineVenice:20150923084136j:plain

 一眼レフの特徴は、光の取り込む能力の高さ、フォーカスの速さと、レンズ交換による豊かな表現にあります。

 光の取り込みが優れているのは、ボディ内部の光の取り込み素子が大きいからである。この素子が大きいため、ぼけ感を出す撮影、暗闇でのフラッシュを使わない撮影が可能となる。この点がスマフォやコンパクトデジカメより優れているところです。

diji1.ehoh.net

 オートフォーカスの速さは、レンズ内部の高性能モーターが素早くフォーカスを合わすためである。この素早いフォーカス速度のおかげで、素早く動く被写体(動物、スポーツ)を正確に撮影することができる。この点もスマフォやコンパクトデジカメより優れているところです。

www.omohidephoto.com

 レンズはそれぞれ得意とする表現がある。一眼レフでの撮影では、表現したい内容に応じてレンズを交換する。例えば、室内を広く撮りたいなら"広角レンズ"、小さな被写体を大きく撮りたいなら"マクロレンズ"とレンズを使い分けて写真を撮影する。レンズの特徴に合わせて、レンズを交換することで色々な表現ができる。レンズの豊富さを比較するとミラーレスよりも、一眼レフの方が多い。そのため、一眼レフは、豊富な表現を実現します。

www.mori-camera.com

その他にも色々なメリット(アクセサリが豊富など)がある。しかし、一眼レフにもデメリットがあります。それは、大きくて重い、値段が高い点です。

 重さは、レンズ数本と本体と考えると1~2kgになる。また、レンズと本体はかさばるため、持ち運びには専用の鞄も必要となる。気軽に持ち運んで写真を撮るのは難しい。

 最低限の初期投資だけでも、ボディとレンズを購入する必要がある。ボディとレンズを揃えるには、5〜数十万円が必要です。

www.amazon.co.jp

特徴のおさらい。

  • メリット
  1. ぼけ感
  2. オートフォーカスが速い
  3. 暗闇でもフラッシュなしで撮影可能
  4. レンズを交換により色々な写真の撮影が可能
  • デメリット
  1. かさばる重い
  2. 初期投資が高い

デメリットを上回るだけの楽しさが、必ずそこにある。写真で色々な表現したいなら一眼レフを買おう!!

次回は、”結局何を買えばいいのかについて、各種メーカの違い”についてです